テーマ:小物

プレゼント

ご友人への結婚祝いのプレゼントとして、 パン皿のご注文をいただきました。 直径20センチのクルミ、カバの皿の裏には、 「Happy Wedding!」のメッセージ。 定番として扱っている「FirstBoul」もそうですが、 気持ちを込めたプレゼントとして当方のアイテムを利用していただけるのは、 幸せを分け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

trio

久々に小物のアップ。 今までたくさんのファーストボウルに銘入れをしてきましたが、 我が子の為に入れるのは初めてで、少し手が震えました。 3人の娘たちにお父さんからのプレゼントでした。(ツ)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏、近況

連日、雨も降らず暑いです。 でも市街地と比べると京北はましかな?我が家は木陰と、アスファルトではない土の地面に助けられています。 こちらはグリーンカーテン用に買ってきた朝顔。 団十郎という渋い名前にふさわしく、渋い色の花が咲きました。 さて、最近の工房長の新作はティッシュケースです。 詰め替えて使うのにジャストサイズ。無垢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏です

しばらく更新がなく、ご心配かけしました。 ネタがなかったのと、カメラの調子が悪く画像の取り込みができなかったのです。 相変わらずの日々を送っています。 今日からまた、ゆるゆると再開します。 工房長の最新作。 自家用のお椀です。既製品を使っていたのが一つひびが入って、汁が漏れてきたので 試しに作ってくれました。 きれいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スプーン教室とシロツメクサ

昨日はスプーン教室でした。 皆さんそれぞれのペースで楽しんでおられます。 昨日はカレースプーンを仕上げた方がお二人。 その完成品をご紹介します。 薄く、平たくすることを目標に、とても美しく仕上がりました。 もう一人の方は彫るスピードが速く、私の気づかない間に仕上げにとりかかっていました。かわいらしく丸みを残した、それでいて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

各種仕事

新しい空間での暮らしが始まってしばらくがたちました。 住み易いように、気づいたところの手を加えながら。 朝晩冷えますが、家族で身を寄せ合ってしのぎます。 3月は室内の改装に時間を頂いたので、 4月からは作品製作をガンガンと。 まず弁当箱を作りました。 曲げ木ではなく、旋盤で製作。 直径160ミリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挽き物仕事

年明けから取り組んでいた大量の挽き物仕事。 ようやくひと段落しました。 形が揃うように注意しながら。 少しの手加減で微妙な曲線が変わってしまいます。 単調なようで、神経を使う仕事です。 そして次は友人に頼まれていた椅子の試作にかかります。 ペーパーコードのダイニングチェアーをリメイク。 いい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Baby rush

少子化が叫ばれて久しい世の中ですが、 私の周りでは去年、今年と出産ラッシュのようです。 お祝いのベビーボウルやスプーンを続々と発送中。 赤ちゃんの口に入るスプーンは、お母さんは食べさせやすく、 赤ちゃんは食べやすく、工房長の気遣いと工夫が込められています。 私の仕事は、親の気持ちが込められた産まれたばかりの名前を入れて、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キッチン周りあれこれ

中之島での展示から帰ってきた製作物をご紹介します。 キッチンスツール 3本脚は地面に接しやすいので、 昔から外などで作業用スツールに使われていました。 ハイジのオンジもヤギの乳絞りの時は3本脚スツールだったような・・。 ただし、座面が高くなると安定感がなくなるので、 あくまで作業用として、また…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗、落下中

このところ栗拾いが日課です。 うちの敷地に生える立派な栗の木達から、 昼間もぼとぼととイガが落ちてきて、 トング片手に足でイガを割ってみると・・。 ぷっくり見事な栗が入っているではありませんか! 嬉しくなってそこら中に散らばっているイガを片っ端から割っていくと、 一日で帽子いっぱいの栗がとれま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑中お見舞い申し上げます。

雨の降らない日が続いて、 庭のあちこちにセミの抜け殻がくっついているのを見つけました。 娘は草むらの中にバッタの抜け殻を発見。 そーか、バッタも脱皮するんですよね。 抜け殻は初めて見ました。 アラレ組みの箱を製作しました。 レストランで、パンを入れるのに使われます。 質のよいウォ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏到来

梅雨が明け、市内よりは涼しいはずの京北も暑さでうだってます。 新しい作業場は鉄筋・・。 昼以降の暑さは強烈です。 桂川に非難せねば。 お盆を仕上げました。 今回はくるみとさくらの二種で製作しました。 くるみでは曲げにノーストレスでしたが、 さくらは同じように曲げてもよく折れる・・。 かなりの数失敗しました。 意外な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Onedayshop

遠方から来られるというお客様のために、 家からせっせと家具を運び込んで1日限定ショップ。 あり合わせの板で作業場との仕切りを作って、 将来なるべきお店の形のイメージもしてみる。 くつろいで帰ってもらえる空間にしていきたいです。 で、足りなかった小物類の補充もかねて、 シュリザクラでオーバルボックスをつくりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーストボウル現在形

スピード作業で製作したハイスツールは、 スピード納品で仕上がり写真を撮る暇もなく・・。 サンプル用に一脚多く作っておいたので、 ゆっくりペーパーコード編みたいと思います。 さて、ファーストボウルセットのご注文をいただきました。 お子様に扱いやすいように、 尚且つ成長された後もお使いいただけるように デザインは子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同時進行

同時進行の進行状況諸々。 近くに住む漆芸家さんの木地として、 小箱を数パターン製作させてもらいました。 タモ、ナラの柾目をチョイス。 木でありながら、異質な繊細さを感じさせます。 作家さんが、使用のシチュエーションを想定しながら、 慎重にサイジングした各箱たち。 画像の重箱は名刺サイズで、 渡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

recent works

最近手がけた小品たち。 まずお客様宅に食器棚の取り付けに行ってきました。 シンクの周りに調味料類、陶器類を並べておくための棚です。 支柱の仕口に蟻組みを用い、 すっきりとしていながら「ちょっといい」感じになったでしょうか? 続いて靴べら。 曲げ木でカーブを描き出し、 さらに小ガンナで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

recent works

三頭に増えたヤギ達の世話の傍ら、 小物を製作しました。 全て祇園のショップ、 リコルディアンドスフェラさんのデザイン。 ショップで購入できます。 それと平行して次に製作するチェアー用の笠木の曲げ加工を。 今回はウインチを導入して無理なく曲げられるようになりました。 個人工房で曲げ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スプーン教室

うちで秘密裡に、不定期で行われているスプーン教室。 昨日は過去最大の4名で開催されました。 木を削る、というのは自分の中の何かを削ぎ落とすことにも 繋がるのでしょうか。皆さん、夢中になって彫っています。 普段は仕事に、家事に忙しく なかなかひたすら何かに向き合う機会がないので、 こういう時間が大切かも、と思いました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曲げ木盆

曲げ木の盆を製作しました。 近所の材木屋で衝動買いした虎の子のアサダの柾目材を使用。 期待通り、既に渋い赤みが出ています。 大小2サイズあります。 一人お茶、一人ご飯サイズを想定して・・。 この盆は、京都では恵文社一乗寺店さん、 金沢ではLINEさんでお取り扱い頂いています。 恵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

home made 蜜蝋

近所の山で蜂蜜を採集している知り合いから、 蜜蝋を分けてもらいました。 未精製の蜜蝋。 このままではかちかちですが、これを砕いて湯煎します。 溶けた蜜蝋と、くるみ油を混ぜる。 前に作った時は、冷えた後にカチカチに戻ってしまったので、 今回は油の分量を多めにします。 蜜蝋に混じっていた不純物もこの段階…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

turning

木材を回転させて円形を作る機械、木工旋盤。 他の木工機械は、回っている刃物に部材を動かして切削加工するのに対して、 この機械は、木材が回って、刃物を当てに行き、加工するため、 より繊細な手先の動きが、作品の出来を左右することになる。 同じものをロットで製作するときは、 型を作って、ガイドにしながら削る。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

変り種

最近作ったもの。 額が曲がっています。 実際は曲げ木をしてからほぞ穴を開けて組み立てました。 そして、こんなものも。 以前作った金網と木枠のコンビアイテムのサイズ展開版。 5パターンを試作しました。 どちらのものも、近日中にそれぞれのかたちで展示、 または店頭に並ぶ予定で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スプーン教室

今日は自宅で密やかに行われている、月に一度のスプーン教室でした。 生徒さんは今のところ一人。 木を削っているのが楽しい!と忙しい合間をぬって通ってきてくれます。 三回目にして、完成したスプーン。 自分で使う道具を自分の手で作る喜びを噛みしめていたようでした。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クラフト市準備中

前々回紹介のチェストができました。 取っ手は納品後取り付けになるので、 未完成ではありますが・・。 互い違いの引き出しがユニークです。 洋服屋さんのディスプレイに使われるそうで、 お店のイメージアップに役立てることを願います。 現在は週末のクラフト市に向けた小物の製作になだれ込んでいます。 先月のグルー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑中お見舞い申し上げます

夏真っ盛りですね。 京北は比較的涼しい方ですが、 皆様いかがお過ごしでしょうか。 朝晩は涼しいといえども昼間は暑く、 どうしてもバテ気味になってしまいますが、 朝採れ野菜に元気をもらって頑張っています。 オーバルキャリーに収まるくらいが一日の収穫量です。 これは収まりきらなかったとうもろこし。 仕事はというと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うれしかったこと

スプーン、椀12セット、できました。 お店の銘を入れて納品です。 お次は・・。 年代物の箪笥のガラス引き戸の、 格子部分の修復を承りました。 同じケヤキの古木で欠損部分を作り、 色合わせします。 こういう作業は、昔とった何とやら、です。 そしてうれしかったことが一つ。 先日の作品展を見に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バターケース

少し前から某木工作家さんのバターケースが流行りだし、 うちにも注文が来るくらい、どうやらバターケースの需要は高まっているらしい。 でも、うちはあの印の黄色の紙箱が気に入ってたし、 なんでわざわざ木の箱に?と思っていた。 でもこの前、業務用の大きいバターを買った時、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

newトレイ&ボウル

昨日の流れを汲む、器が出来上がりました。 こちらがボウル こちらがトレイです。 縁のラインがとてもきれいなので今日は画像が多めです。 手にすっぽり入る大きさで、何を食べようか?とわくわくします。 重ねるとこんな感じ。 作るのに時間がかかるそうですが、只今商品化を検討中です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これは何?

工房長、見たこともないものを作っています。 これは何でしょうか?また先日のデザイナーさんから依頼されて作った、フルーツボウルだそうです。主に海外に向けて日本の工芸をアピールできるようなものをデザインされているそうです。なるほど… つぎはこれ。これは工房長の思うままにつくった、何でしょうかわかりませんが、私のイメージでディスプレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お直し

木の器「First Bowl」をお使いいただいていた方から、 お直しのご依頼がありました。 テーブルから落としてしまったようで、 端が欠けています。 でも、 初見で、欠けた様子が自然に見え、 このまま滑らかにして、 スプーンを引っ掛ける所にしてしまったらかわいいんではないかと思いました。 お客様にその旨ご了承…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more