テーマ:家具

2015年 大晦日

今年も気づけば大晦日。 いつまでもゆるい寒さのせいで、 体が暦についていけてない感じがします。 おもての梅の木にも花がついてました。 完全に咲く時期間違えてしまってますが、 春にもう一度咲くパワーのこるんだろうか。 子供さんのクリスマスプレゼントに、 お絵かきテーブルを作らせてもらいました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パッチワークのカウンター

9月に水面下(?)で関わらせていただいた、 カウンターのお仕事。 お店がオープンになったのでご紹介します。 日本茶を出されるお店の喫茶用カウンターとして、 支給の板5枚をパッチワークのようにつぎはぎして一枚に見立てました。 元は椀木地用のトチの4寸板を製材所でスライスするところから開始。 板の配置…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

食器棚

我がダイニングに食器棚がやって来ました。 スリムでシンプルなので、あまり圧迫感はありません。 収納力も、一見少なそうでしたが、思ったより沢山入りました。 上段のガラス扉を開けたところ。 下段、木の扉を開けたところ。 十分な収納量です。本当はもう少し食器を増やしたかったけど、 これをキープするために我慢します。 今ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナラの作業台

秋深まる京北。 実を付けるのが早かった分、 色づくのも早い気のする庭の木々。 派手な紅葉ショーはないけど、 ささやかに色づき、朽ちて、散っていきます。 数年後には仲間入りできるよう、 カエデの苗木を植えました。 あれこれとある「作りたかったものシリーズ」の中の一品、 作業テーブルを作り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食器棚

9月も終盤。 今年は夏の暑さのせいか、 栗のなるのが早い。 あちこちの山栗も、ころころと落ちては路上に散乱しているし、 うちの栗も同様、栗拾いの日々がまた始まりました。 うちの栗の木は山栗でなく、ありがたいことに丹波栗の木であるために、 実はかなり大粒です。 その中でも大きさに準じてより分けて、 小さめのもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏終盤 サイドテーブル

8月も最終盤。 稲の周りには赤とんぼが飛び始めました。 厳しい残暑が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。 子供たちの夏休みが終わり、 親たちはひと段落。 暑い夏でしたが、 その分、川、海と水遊びを満喫でき、 楽しみの多い夏休みとなりました。 仕事の方は、 小家具の製作から、修理の仕事、下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供椅子完成

お誕生祝いにご注文いただいていた子供椅子が完成しました。 H700のテーブル対応の子供椅子は作っていましたが、 今回は低座使用。 テーブル対応のものと同様、曲げ木のアームと、優しく削りだした座面が特徴です。 栗材で作ったのでとても軽く、頑丈になるように脚の差込みにはひと手間かけてます。 軽さゆえに子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

籐の張替え

台風一過の京北。 二日間の激しかった雨風が去り、 置き土産のように庭には小さな蛙が遊んでいます。 知り合いの方からお借りしていた、 モーエンセンの籐張りのアームチェアーの張替えをしました。 奥が古い籐が張ったままのもので、 手前が張替えをしたものです。 籐張りはフレームにかかるテンション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗の二本脚テーブル

前回に続き、展示会に出品した家具をご紹介します。 栗材のダイニングテーブル。 今回は搬入時に便利な組み立て式です。 反り止めには初めて「はしばめ」を採用。 反り止めとしての効果もまずまずといったところで、 なにより、天板下に他の反り止め用の部材をつける必要がなく、 意匠的には幅の広げられる工法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アサダ材のビューロー、スツール

先日まで新宿で開催されていた展示会に出品していた家具を紹介します。 こちらのビューローは、昨年秋のグループ展に出品したものに、 内部に小引き出しを付け、同材でスツールも製作し、 セットとしての完成度アップを図りました。 スツールの座面は籐編み。 天然素材につき、木と同様に経年変化が楽しめ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイニングルーム

前回からまた月日が経ってしまいましたが、 今日は部屋の内部を少し。 玄関ポーチを進み、引き戸を開けるとダイニングスペースです。 部屋の主役は何といってもダイニングテーブルです。くるみの材で、使って4年目。 まだ4年ですが、いい感じにツヤがでてきました。特別なお手入れは不要です。 使うたび、台ふきんで拭くだけです。 椅子は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビフォーアフター

長らくかかっていた店舗改装の仕事。 ビフォーアフターでアップしていきます。 ビフォー アフター ビフォー アフター そしてビフォー アフター 岐阜に友人の焼肉屋の案件で、 オープンの棚、クローゼットを、 クローズドの食器棚、ワインセラー、肉の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教会のベンチ

2月も中旬になり、 朝窓の外に広がる雪景色は今シーズン何度目でしょうか。 雪かきするほどの量でもなく、 日中の日差しでその日のうちに溶けてしまうので、 生活にまったく支障はありませんが、 よく降るシーズンではあります。 製作にかかっていた教会のベンチを納品したので、 その画像を。 礼拝…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

年末の仕事

ブログの更新をサボっている間に、 季節は秋から冬の只中に。 秋のうちにギャラリースペースでの生活はピリオドが打たれ、 新しい階上の住居では、ダルマストーブがフル稼働中です。 もっと大型のストーブを入れるまでの繋ぎに、と思っての導入でしたが、 今のとこ十分に暖が取れ、 薪が入れにくい難点を除けば、安価だが結構使える代物です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Learn to Shaker」終了

落ち葉舞い散る秋。 ヤギたちは喜んで落ち葉をほおばります。 このあと冬が来て落ち葉が完全に落ちきると、 ヤギにとって外には食べるものがない季節。 新芽の生えてくる4月まで、 ひたすら乾草を与えられることになります。 それでも食欲は満たされますが、 ヤギとていろいろと選り好みしながらの食事が楽しいようで、 冬が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イベント告知、キッチン完成

今年の秋はクラフト出店します。 まずは近場でけいほくクラフト。 開催は10月4,5日ですが、 4日土曜日のみの出店です。 もう一つは石川県能登島の、のとじま手まつり。 こちらは10月18,19日両日とも出店。 どちらも3年前に出店させてもらっています。 イベント出店はもちろん売上も気にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗スツール、そしてキッチン

朝晩涼しくなり、 幾分過ごしやすく感じられるこの頃。 あたりの稲穂はこうべを垂れ、 稲刈りの終わった田も増えてきました。 いつもお米を頂いている近所の稲作家の方からは、 前日刈りたての新米が届き、 産地に暮らす贅沢を味わいました。 少し前に納品したスツールです。 。 栗材にて。 奇をてらわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩夏

お見舞いする残暑もない今年の夏。 朝晴れ渡っていても、気づけば雨雲がたちこめます。 近くの茅葺屋根の民家で、茅の葺き替えをしていました。 近年は材料になる茅の確保も大変だと聞きます。 数十年に一度の大掛かりな作業で、費用もかさみ、 うちのまわりにある日本家屋は、大方トタン屋根に葺き変えてあります。 そんな中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カウンター収納納品

梅雨の只中、 勢力全開の雑草に負けじと葉を広げていたジャガイモを、 意を決して抜いてみると・・。 小さいのから中くらいのまで、 ころころとジャガが出てきました。 上から見てても出来が不安でしたが、 土の中ではしっかり育ってたんだな。 さて、大阪のマンションリフォーム案件、大詰めの仕事。 長さ3500のカウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SBチェアー

新作チェアーが完成。 後ろ脚から滑らかに繋がる背もたれが特徴。 「Smooth Back」を略してSBチェアーと名付けました。 今回張ってもらったのは本皮。 ペーパーコード、籐編みなどとの相性も今後試していきたいところ。 上の画像の材質は栗。 ウォールナットでも同時製作しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな手は物語る

 無垢の家具に囲まれて暮らし始めて数年。 無垢の家具の良さは使ってみないとわからない、と使い続けて数年が経ち、 日々心地よくこの家具達と暮らしていました。 薬剤や、接着剤の害がないという以外では、 何といっても手触りが良いのが無垢の家具の良いところでありますが、 それを我が家の5ヶ月の娘が証明してくれました。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピンドルチェアー完成

スピンドルチェアーVer.2014完成。 細く華奢に見えるスピンドルの先端部分は直径9㎜。 8本をしならせながら組むことで、 総持ちの強度を作り出します。 座面、笠木の形状など、 今までアレンジし続けてきましたが、 この形で一旦自分の中で完成した気がして、 売れた分、在庫も含めて8脚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「かわいい」かたち

スピンドルチェアーを製作中。 毎回座面の形が変わっています。 座り心地変化の出る部分には手を加えず、 いかに「かわいい」かたちに仕上げられるか。 小さいものや子供がかわいいとかのそれとは違う、 かたちを褒めるときのこの「かわいい」という表現。 根源的な魅力をもったものに感嘆して投げかけられる言葉だと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TVボード

薪ストーブ用の雑木の薪がどっさり届き、 早速チェーンソーで格闘開始。 美山の山の伐採で雑木が出たと聞き、 飛びついて購入。 およそ六トン。 かなりの量に思いますが、 これだけを燃やすと、一年でなくなる量だとか。 値段もかなりするし、置き場所も必要で、 やはり本格薪ストーブライフには、相応の器が必要のようです。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ダイニングセット、パソコンデスク納品

諸々の家具が完成し、 先日大阪まで納品行ってきました。 1500×800サイズのダイニングテーブル、 1600×450のパソコンデスク、プリンター台、 チェアー5脚を詰め込んで一括納品。 軽バン最高です。 このあともこちらのお宅には、 TVボード、壁面カウンター収納の製作も残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェアー完成

ダイニングチェアーが完成。 イギリスのアンティークに、 「ホロウシートチェアー」と呼ばれる椅子があります。 10年程前にある雑誌の中にその写真を見つけて、 朴訥なその佇まいがとても気に入り、 折に触れてそのページを開いて眺めていました。 実物を見たわけではないので説得力に欠けるのですが、 朴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイニングセット製作中

先日雪が積もって以来、 作業場はギンギンに冷え切っております。 今年から簡易な薪ストーブを導入したものの、 スペースが広すぎて、空間全体は到底温まらず、 動き回るような作業のときはその熱も届かず・・。 炎がちらちら見えるだけで少しは暖かい気分になりますが、 基本的には衣類での防寒対策ということになります。 今年はなんだか寒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗の箪笥

長らく製作にかかっていた栗の箪笥が完成。 幅1700×高さ700。 高さ違いの引き出し計6杯で、 収納スペースたっぷりです。 きれいな栗材の天板。 近くの材木屋で一目ぼれして、 少し無理して仕入れました。 良い材料を前にすると、気が引き締まり、 仕事してても気持ちが良いです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩秋

霜月も半ばとなり、 今朝京北でも今年初霜が。 庭の栗の木の葉は黄色に色づきました。 栗の葉は紅葉しないので、 今の黄色がきれいな頃。 派手さはないが、爽やかで気持ちいいものです。 いち早く散った肉厚の柿の葉をヤギ達がおいしそうに頬張っています。 今年の秋の味覚も終章間際。 ローテーブルができあがり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

箱物

最近の作例。 久々の箱物です。 ホワイトオーク材で製作。 外装を黒ステインで着色後、オイル塗装。 怪しく黒光りしてます。 東京のとある骨董屋さんの収納に使われるとのことで、 指定されたサイズに引き出しを区切りました。 ホワイトオークというと硬くて加工しづらく、 人工乾燥による干割れが混…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more