年末の仕事

ブログの更新をサボっている間に、
季節は秋から冬の只中に。

秋のうちにギャラリースペースでの生活はピリオドが打たれ、
新しい階上の住居では、ダルマストーブがフル稼働中です。
もっと大型のストーブを入れるまでの繋ぎに、と思っての導入でしたが、
今のとこ十分に暖が取れ、
薪が入れにくい難点を除けば、安価だが結構使える代物です。
部屋の壁、床下、天井裏に十分に断熱材を仕込んだこともあって、
外壁の板金一枚のみのがらんどう空間の一階比べると、
部屋の温まり方は雲泥の差です。
薪ストーブを生かすには、
本体、煙突、部屋の断熱のバランスが大事なんですね。

画像


今日までに納めた事例を二つ。

くるみのスピンドルチェアー。

画像


画像


能登でのイベントにて知り合った方からのご依頼。
うれしいご縁でした。

サクラの円弧テーブル。

画像


画像


こちらは京都市内のお客様。
最初は丸テーブルを検討されていましたが、
同じ外径でも、より天板のスペースがとれて、
且つやさしい印象になる円弧の形に決定。
全体のイメージをまとめるまで、かなり多くのやり取りがありましたが、
そのかいあって、仕上がりには大変喜んで頂けました。

年末のこの2つの仕事では、
大手メーカー家具や、北欧デザイン家具、
果ては安価な外国産家具まで、
膨大な家具選びの選択枠のある昨今、
個人家具工房として、何ができるのか、
ということを意識しながら取り組みました。
具体的には、
製作に入るまでのプレゼン、製作中も工程を2度ほど画像とともにお知らせしました。

まず当方の作る家具、家具作りへの姿勢、
ポリシーみたいなものを知っていただき、
仕事になれば、お客様の希望に耳を傾け、
お客様の空間作りの物語に付け加えられるようなものを提供する。
そういうことをやっていけるのが、
小回りの利く個人家具工房のメリットだと思うし、
またそれが自分の喜びでもあります。
ただの製作にとどまらず、
そういうことをいくつ積み重ねていけるかが、
今後の仕事の価値だと感じます。

そのためには、もうちょっとこまめなブログ更新もせねば、と反省もしつつ、
来年もがんばって参ります。

みなさま、良いお年を。









「Learn to Shaker」終了

落ち葉舞い散る秋。
ヤギたちは喜んで落ち葉をほおばります。

画像


このあと冬が来て落ち葉が完全に落ちきると、
ヤギにとって外には食べるものがない季節。
新芽の生えてくる4月まで、
ひたすら乾草を与えられることになります。
それでも食欲は満たされますが、
ヤギとていろいろと選り好みしながらの食事が楽しいようで、
冬が来るまでの晩餐を繰り広げる日々です。

先日、
「Learn to Shaker」が終了しました。
前のブログでは紹介できてなかった僕の出品作品。

画像


画像


ビューローです。
材は希少なアサダ材。
シェーカーの家具の写真で、ライティンクビューローは見かけますが、
今回は鏡を内蔵し、ドレッシングビューローと想定して製作しました。
パタンと扉を閉めれば、雑多なものを手軽にしまってしまえるのがこの構造の利点。
今の時代、パソコン用になど、いろいろ使い道はありそうです。

画像


本体組み立ての仕口はアリ組みとしました。

シェーカー家具は、
僕が家具の製作に興味を持つきっかけになったスタイルですが、
今、家具工房として独立して一定期間がたち、
再びそれと向き合って思うことは、
シェーカー家具は作り手としての自分の写し鏡だ、ということです。
使う機能から離れた形優先のものづくりになっていないか。
丁寧な仕事を忘れていないか。
そういうことを語りかけます。

画像


さあ、
楽しい宴の期間も終わりました。
これからまた、それぞれ自分のものづくりと向き合う日々。
楽しんでいきましょう!

画像






「Learn to Shaker」

開催中のグループ展、
「Learn to Shaker」
に向かう峠道、車中よりの眺望。

画像


葉は色づきつつあります。
本格的な紅葉も近づいている様子。

会場の模様も画像にてご紹介します。

画像


画像


画像


画像


画像


10人での展示で、
スペース配分の都合上、椅子を中心とした展示になっていますが、
それぞれに、「いさぎのよい」、気持ちのよい作品が並んでいます。

奥の間にはシェーカーのエンフィールドチェアーが。

画像


空間を引き締めます。
シェーカー家具についての簡単な説明文も張り出し、
文と出展作品とのつながりを探す楽しみもあり、
例年以上に面白い展示になっていると思います。

11月9日まで、是非お越しください。

アートライフみつはし
京都市左京区銀閣寺前町23
℡075-752-3814




出展のお知らせ

お知らせが遅くなりましたが、
昨年に引き続き、
修行させてもらった工房を中心としたグループ展に参加します。

画像


「Learn to Shaker」
数年前までもこのタイトルでの展示に参加していましたが、
今回は参加人数も10人と多く、
踏み込んだテーマ設定です。
個人的にも、
シェーカー家具から離れて家具作りを続けてきて、
前よりも客観的に、シェーカー家具の魅力や、
自分の仕事との関係性について考え、
表現できる機会だと思います。

画像


なにができるかお楽しみ。

そしてこれも報告おそくなりましたが、
先週の土日。能登島にて。
絶好の日和の「のとじま手まつり」に出店して来ました。

画像


芝の向こうに見はるかす海。
この雰囲気を味わうだけでも出店の甲斐は感じます。
正直、商売どうでもよくなります。

画像


とはいえ客足も芳しく、
弾む、お客さんや出店仲間との会話に、
工房に閉じこもっているだけでは見つからない発見がたくさんあり、
のんびりするまもなく時間は過ぎていきました。
今回は妻の布仕事「ijot」の作品も展示しました。

画像


家具の仕事中心で回していると、
なかなかこういったイベントに出かけるとなると準備が大変に感じられますが、
リフレッシュにもなり、発見もあり、つながりもできたり、
十分に甲斐のあるものだと思います。
定期的に、は無理でも、
チャンスがあれば、また。





イベント告知、キッチン完成

今年の秋はクラフト出店します。

まずは近場でけいほくクラフト。

画像


開催は10月4,5日ですが、
4日土曜日のみの出店です。

もう一つは石川県能登島の、のとじま手まつり。

画像


こちらは10月18,19日両日とも出店。

どちらも3年前に出店させてもらっています。
イベント出店はもちろん売上も気になるところですが、
僕としては、場を楽しみたい気持ちの方が強く、
肩の力を抜いて、お客さんとのコミュニケーションを楽しもうと思います。

画像


数日前には、製作に一ヶ月を要したキッチンが完成。

画像


画像


画像


えらく工期がかかってしまいましたが、
その分のボリューム感はあります。
総W2900×D650×H900。
収納には工夫を盛り込んでみましたが、
使い勝手は追ってご紹介することにして、
まずは妻に料理を楽しんでもらおうと思います。

画像




栗スツール、そしてキッチン

朝晩涼しくなり、
幾分過ごしやすく感じられるこの頃。
あたりの稲穂はこうべを垂れ、
稲刈りの終わった田も増えてきました。
いつもお米を頂いている近所の稲作家の方からは、
前日刈りたての新米が届き、
産地に暮らす贅沢を味わいました。

少し前に納品したスツールです。

画像


画像


画像


栗材にて。
奇をてらわず、
使いやすさと向き合ったカタチ。
スツールは色々と試行錯誤してきましたが、
今回は特に素直に出せた形だと、満足しています。
納品後、お客さんから送られてきた画像。

画像


言葉より、気持ちの伝わる写真だと思います。

そして、
ようやく取り掛かれた自宅用キッチン。

画像


幅2900を2分割で製作。
椅子作りも楽しいけど、
大物も楽しい!
来週中には完成です。

晩夏

お見舞いする残暑もない今年の夏。
朝晴れ渡っていても、気づけば雨雲がたちこめます。

近くの茅葺屋根の民家で、茅の葺き替えをしていました。

画像


近年は材料になる茅の確保も大変だと聞きます。
数十年に一度の大掛かりな作業で、費用もかさみ、
うちのまわりにある日本家屋は、大方トタン屋根に葺き変えてあります。
そんな中でもこうやって、茅を葺き替えながら、
大切に家を住み継いでいる様子を垣間見ると、
人間と住まいとの結びつきの強さを感じます。

この夏の水害で、消防団として現場に出ることもありましたが、
押し寄せる水になすすべもなく、
呆然とする人、怒りを他にぶつけようとする人、あきらめ模様の人、
様々な人の表情がありました。
しかし、だからといって、
浸水が起こりやすい土地だからといって、
移住はできない、しない。
土地や家との結びつきの強い田舎であるだけに、難しい問題です。
この夏の水害で被害にあわれた方々、
そして現在もその最中にある方々の生活が一日も早く平穏に戻ることを願うばかりです。

不安定な天気で、気の落ち着かない8月でしたが、
良い仕事が一つできたのでご紹介を。

画像


オーバルのローテーブル。
材はお客様支給。
マホガニーでしょうか?
オイル塗装で、燃えるような杢が現れました。

画像


元は日本風な座卓だったこの材をお預かりして、
このようにリメイクしました。
材の存在感と、このオーバルの形状がマッチして、
よいものになったと思います。
オーバル加工の方法を身につけたので、
これからどんどん取り入れて行きたいです。

画像