イタヤカエデの製材

縁あって、美山の山奥から、
イタヤカエデの原木を譲っていただきました。

画像


読んで字のごとく、「風倒木」という肩書きで、
材としての質は保証されませんが、
前々から、材木の丸太買いに興味津々だったので、
勉強だと思って、思い切って入手を決断。
今日、製材屋さんで賃挽きしてもらいました。

画像


現場で長さは切ってもらっていたので、
木取りの仕方を決めたら、
早速巨大な帯鋸の台に固定し、挽き割っていきます。
様子見に、短い丸太を9分に挽いてもらいました。
やはり丸太の中心部が腐りかけて、
茶色く変色しています。
それでも、周辺部は結構使えそう。
平均380ミリ幅の板が15枚取れ、
半分ほどはきれいでした。
健康な木が風で倒れるなんてよっぽどのこと。
風倒木には、このカエデみたいに、
朽ちかけた部分があるものと思った方がいいのかもしれません。

画像


挽き割ったばかりの板は、
水分がまだたくさん入っているので、
見た目以上に重くて、積み込みに一苦労・・。
持って帰って、桟積みして乾燥させます。

画像


来年頭にスプーン150本の、
修行のような納品が控えています。
このカエデにはその時に活躍してもらうことになるでしょう。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック